前へ
次へ

不動産は登記という制度があるわけですが

不動産といえば登記という制度があるだけですがこれは一体どのようなものであるのかと言うとなかなか理解している人は多くはないでしょう。
まず、そのことを理解しておくと良いでしょう。
これは不動産の登記の名義人や権利関係を登録する、ということになります。
そして、さらに大事になってくることは公に表示する、ということになります。
そういうことのためにやっている制度ということになります。
要するに公的にその情報を開示する必要性があり、その気になればこの土地は誰のものであるのかというのは誰にでも知ることができる権利として認められているということになっているわけです。
ただし色々な年月が過ぎていくということによって持ち主がいまいち誰だかはっきりしなくなってきてしまっている土地というのが全国的に割と世の中には多く存在していたりするので注意していきましょう。
相続などを繰り返しているうちにそういうことがあったりするのが土地の怖いところではあります。

Page Top