前へ
次へ

短期間にて不動産競売が行われている

私たちでも参加ができる不動産競売、どの手順で進んで、どのように情報を手に入れればいいのでしょうか。
第一に、裁判所によって売却基準額が決まり、必要書類・資料の用意ができると売却手続きが始まります。
手順は、民事執行法に定められていて、執行官や書記官が売却方法・入札と開札期間・売却基準額と保証金額を決めます。
その内容は、新聞やインターネットでも公示されています。
競売は、年間10回程度実施され、公告は入札の2週間前までに行われる決まりで、この間に資料を取り寄せて検討することになります。
スケジュールについても、公告から評価書などの備え置きまで1週間以上、入札期間が1週間から1ヶ月です。
開札は入札終了から1週間以内に行われ、さらに1週間以内に売却が決まります。
売却許可が決まってから約1ヶ月間に代金支払い(所有権移転)となります。
ちなみに、一定の条件が整えば、不動産を内覧することができますが、見たい人からではなく、不動産を差し押さえた債権者の申し立てでできるようです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top