前へ
次へ

不動産は登記というのが必要になります

不動産というのが登記簿という帳簿に記載されることによって、自身の権利を第三者にわかりやすくしているということがあります。
知られたくない、ということもあるでしょうが、基本的にはそうしないと土地というのが所有権はどのようなところにあるのかというのがいまいち分からないようになってしまうので国の制度としてそういうことをやっているわけです。
土地の権利証というのがあるわけですが、これは不動産登記法上は別に権利証というものはないです。
ですが、所有権を取得したときの登記済証などのことが権利証と呼ばれることがありますのでそれを知っておきましょう。
当然ですが失くさないようにすることです。
なくしたところで登記されているということの事実が消えるというわけではないのですが色々とめんどくさいことになるというのは間違いないわけですからきちんと保管しておくようにしましょう。
価値のある財産であるわけですから、様々な意味において悪いことに巻き込まれるということもありますので注意が必要です。

Page Top