前へ
次へ

不動産の権利を主張できるか否か

不動産に関する情報には、どっちつかずという内容もあります。
例えば、占有権と所有権はどちらが勝るのでしょうか。
不動産業に携わるジャーナリストいわく、所有権の方が権利を主張できるといいます。
占有権は原因と関係なく、占有という事実状態をそのまま保護しようとするものです。
所有権を理由に返還請求されれば、当然、占有権があっても応じざるを得ません。
では、所有権は物権ですが、売買などの引渡請求権も物権なのでしょうか。
売買により、買い手は目的物の引渡請求権を取得しますが、物を目的とする内容ではあります。
しかし、引渡しはあくまで売り手から自発的にされるべきもの、そうした意味で考えれば、買い手のこの目的物への支配は間接的なものに過ぎないようです。
ですから、買い手のこの引渡請求権は物権ではなく、あくまで、売り手契約によって発生する債権という内容になります。
他にも、権利の有無により自分の物になるのか、不動産業では法律の専門家も携わっています。

Page Top