前へ
次へ

不動産は買主と売主がいるわけですが

不動産取引においては買主と売主というのがいるわけですが売主というのは名前の通り所有する不動産の物件を売却しようとする人あるいはした人ということになるわけです。
取引相手が他の事をこの場合は買主ということになります。
当たり前ではあるのですがどうしてもそれなりの知識が求められるということになりますし、不動産取引の場合は説明をする義務というのが基本的に売主側に存在しているので素人がお互いに取引をしようとする場合においてもその責任を逃れるということができるわけではありませんので注意していきましょう。
だからこそ、基本的には宅地建物に関する専門的な知識と許可を得て行っている人たちにお願いするというのが最も無難であるといえるでしょう。
当然コストがかかるということになりますが何かしら問題がある場合などにおいて説明する自由というのが相手に生じることになりますので安心して売却したりあるいは売却の仲介をしてもらったりということができたりするのでありがたいことになるでしょう。

Page Top